教えて料理長!!

2014112901<秋保情報>
11/26(水)、仙台市立馬場小学校5年生の児童13名が、秋保で育てられている環境保全米「清流育ち 秋保米」について勉強するため、実際にお料理に使って提供している秋保温泉「ホテルきよ水」さんへ校外学習に訪れました。

馬場小5年生の皆さんは毎年秋保米の田植えと稲刈りにも参加しており、秋保の綺麗な水で作られたお米の美味しさは体験を通して知っています。この地域のブランド米をただ味わうだけでなく、「どうして秋保米を使っているの?」「お客さんは秋保米を食べてどんな反応?」など、生産から流通、提供、消費されるまでの様々な視点で調査。秋保温泉旅館組合は「“あきう人”人材育成事業」の一環で授業に協力しました。

和食の美味しい「ホテルきよ水」さん、料理長も「和食の主食となる“美味しいお米”は欠かすことができない大切な存在」と語ります。いつも朝食のご飯とお粥に秋保米を使用していて、その美味しさに惚れたお客様が売店でお土産に買っていかれることも多々あるそうです。

秋保で大切に育てられ、秋保の旅館・ホテルでしか味わうことのできない貴重な「清流育ち 秋保米」。
消費されるまでの過程に多くの人々が関わっている実態を、馬場小の皆さんも知ることができたでしょうか。

秋保米の美味しさを知る“あきう人”として大きく成長していって欲しいと願う「伊達に会い隊」RISAでした。

■秋保温泉旅館組合
http://akiuonsenkumiai.com/

■ホテルきよ水
http://www.kiyo-mizu.jp/