土木学会 選奨土木遺産 銘板授与式が盛大に開催!

2014112102

<作並・定義情報>
11月14日(金)、仙台市青葉区作並にあります岩松旅館にて「とうほく街道会議 第10回交流会 関山街道フォーラム」が開催されました。こちらのイベントは、『土の道 ~関山街道~』と『鉄の道 ~仙山線~』から宮城・山形の明日を考えようと企画されたものです。

当日は、200名以上の参加者が集まり「土木学会 選奨土木遺産・仙山線鉄道施設群」名盤授与式も同時に行われました。
今回、「選奨土木遺産」に選ばれたのは、JR仙山線の鉄橋や信号所、作並駅の転車台や作並機関庫、奥新川直流変電所、交流電化発祥地記念碑など6項目9施設の鉄道施設群。

作並・湯の駅ラサンタでは、選奨土木遺産 認定記念のパネル展も12月23日(火祝)まで好評開催中です!土木遺産認定書・銘板もこちらで見ることができますよ。

今年は仙山線で国内初の交流電化試験が行われてから60周年・新幹線開業50周年の記念の年です。
これを好機に地域を盛り上げていきましょう!!「伊達に会い隊」及原でした。