仙山線が土木遺産に認定されました!

2014101602<作並・定義情報>
10月8日、歴史的な近代土木施設を顕彰する「選奨土木遺産」に、JR仙山線の鉄橋や信号所、作並駅の転車台や作並機関庫、奥新川直流変電所、交流電化発祥地記念碑など6項目9施設の鉄道施設群が選ばれました!!

東北での認定は27件目となります。
土木学会は、選定理由として「昭和初期の先端土木・鉄道技術を駆使し、戦後新幹線の基礎となる交流電化発祥の地として世界に誇る鉄道文化遺産である」と評価しました。

今年は仙山線で国内初の交流電化試験が行われてから60周年です。これを好機に地域活性化の弾みになっていくでしょう。
また、来月には選奨土木遺産認定記念のパネル展も作並で開催されます。
今後の作並が楽しみですね~♪「伊達に会い隊」及原でした。

※写真は数年前に撮影した「熊ヶ根鉄橋(第2広瀬川橋梁)」をお借りした1枚です。

◆作並温泉旅館組合
http://www.sakunami-spa.com/

◆関山街道フォーラム協議会
http://sekiyamaforum.web.fc2.com/