蓄音機で気軽に名曲コンサート

2013022702

「伊達に会い隊」佐藤です。
ゆったりとした時間が流れる空間がそこにはあった。蓄音機で気軽な名曲コンサート。

小さい頃の記憶で、父が父の祖父から譲り受けたという蓄音機を大事にしていたのを、うっすらと覚えている。何を聞いたかまでは覚えていないが、サーッ、サーッという音を聞きながら、途中、曲調が遅くなるとハンドルをグルグル回してレコードを聴いていた。

それが印象的でレコードの表面が終わると、裏返して裏面へ、それを繰り返す。
今、考えると随分とアナログだったと思うが、何か人として忘れてはならないもののひとつが、そこにはあったと思う。
蓄音機はどこにいってしまったのかわからないが、1月の「蓄音機で気軽な名曲コンサート」に参加して、ふと思い出した。

主催は、ふれあい小さな美術館で、秋保・里センターで開催。
通常、クラッシックを中心とした構成だが、歌謡曲、ジャズなども準備してあり十分楽しめる。CDでは味わえないレコード独特の昔ながらの音色を、思い出と一緒に味わいたい。
次回は、3/22(金)午後2時開催予定。

詳しくは
秋保・里センターへ
http://akiusato.jp/index.aspx