ソチ五輪金メダリスト羽生選手が仙台・宮城へ凱旋!

2014022701

<伊達に会い隊情報>
ソチ五輪に出場した羽生結弦選手(19)が26日(水)に仙台市へ金メダル獲得の報告に来庁。

この日弱冠19才の金メダリストを一目見ようと市役所に集まった市民は約700人。市民が拍手喝采で出迎える中、羽生選手が登場しました。
地元・仙台へ凱旋した羽生選手には、その功績を称えて奥村恵美子市長から「賛辞の楯(たて)」を贈呈。
フィギュアスケート男子シングルにおいて、銀盤の上で世界を魅了したその華麗な演技で日本人初の金メダルを獲得し、被災地のみならず日本全国に夢と希望を与えてくれた羽生選手の栄誉を称えました。

「賛辞の楯(たて)」は芸術・スポーツなどで業績を残した同市に関係の深い個人・団体に贈呈されます。
長い五輪生活を終えた羽生選手は既に来月さいたまスーパーアリーナで行われる世界選手権への出場が決まっています。
最高の手土産を持って故郷に凱旋した羽生選手は「これだけ多くの方々に喜んでもらえた事を誇りに思えました。家族に報告した後は、世界選手権が待っているので一刻も早く練習して自己を高めたい」と次の大会への熱意を語っていました。

今後は金メダリストとして今まで以上のプレッシャーが待ち受けている羽生選手。
そのプレッシャーさえも“更なる飛躍のために喜んで受け入れる”と話していた彼の今後の活躍を期待しましょう。
「伊達に会い隊」石井でした。