『定義門前町グルメ情報』第4弾 ☆定義如来参拝の立ち寄りに☆

2013123002

<作並・定義情報>
年間100万人以上の参拝客が足を運ぶ縁結びで知られる仙台の古刹・定義如来。
その門前町、定義のシンボルたる五重塔の正面に店を構える『お蕎麦 十里(じゅうり)』では、「天ぷらせいろそば」(1,600円)がオススメです。

やや細めの二八蕎麦は北海道の音威子府から取り寄せたそば粉を使用。
絶妙な茹で加減で角が立つ蕎麦は風味が良く、伸びる前に歯応えと喉越しを楽しんでほしい。
ほのかな甘みのあるサバ節とカツオ節のツユはあくまで蕎麦を脇からサポート。
香り高くも主張し過ぎないツユは蕎麦と相性抜群で透き通るほどまろやかです。
蕎麦を豪華に引き立てる天ぷらの具材は海老やカボチャにマイタケなど。
揚げ立てサクサクの内に塩やツユで食べる天ぷらは格別です。

店舗内中央には田楽などを焼いている囲炉裏が鎮座しています。
囲炉裏で灯る炭火、それもまた蕎麦を美味しく満喫するための雰囲気を演出しているのではないでしょうか。
食後は炉端で柚子の利いた蕎麦湯をゆったりと味わってください。
「伊達に会い隊」石井でした。

■お蕎麦 十里(じゅうり)
・「天ぷらせいろそば」 1,600円
営業時間:平日11時30分~15時、土・日曜、祝日11時~15時(そばが無くなり次第終了する場合あり)
定休日:不定休
※特に冬季期間は事前に確認のこと。年末12月30(月)・31(火)は年越しそば配達のため休業
TEL:022-393-2951
住所:仙台市青葉区大倉字堤沢25-3